よろしければ応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ
にほんブログ村

 

コミックのセット販売商品は仕入れやすい

1冊のみでも、手に入ってしまえばすぐに出品できる単品本(専門書、雑誌など)と違い、セット本せどりでは、全巻を集めるというステップが必要になります。

 

この全巻を集めるステップがあるせいで抵抗感を感じ、古本せどりはやってもセット本せどりはやっていないという人も多くいるようです。

 

理由としては、

  • そもそも全巻を集めきれる自信がない
  • あちこち回って全巻を集めるのが面倒くさい

という2つに集約されるのです。

いずれにしても“集める”必要さえなければ、参入のハードルがかなり下がるのは間違いありません。

 

そこで今回は、

「集める必要のないセット本」

についてお伝えしたいと思います。

 

2018年4月24日からのにはFBA手数料改定があり、低価格本を薄利多売するスタイルでは稼げなくなりました。

 

高単価で手数料改定の影響も小さいセット本に慣れていき、古本せどりにおけるもう1本の柱を確立してください。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

セット販売商品を仕入れる場所

集めなくていいセット本がどこにあるのかというと、いつも古本を仕入れるブックオフ等にあります。

セット売りコーナーと呼ばれる場所になります。

 

お店側で全巻揃った作品をセット梱包し、陳列してあるコーナーなのです。

 

ブックオフなら、

 

お宝系ショップなら、

 

このようなコーナーを見つけることが出来ると思います。

 

セット売りコーナーには、

  • 最終巻まで揃ったセット
  • 途中までしか揃っていないセット

この2種類が混在して並んでいます。

ここで私たちが狙うのは最終巻まで揃ったセットの方になります。

 

ですが、お店によっては商品数が膨大で、検討のつかないままリサーチをしていると、あっという間に時間が無くなってしまいます。

 

次章では、効率的に利益商品を見つけるための着眼ポイントをご説明します。

 

利益を出せる商品を見つけるコツ

効率的に利益商品を見つけるコツですが、

「1冊単価が108円より安いセットに絞る」

これが大事です。

 

セット本せどらーの多くは、ブックオフの108円本を集めて出品します。

 

ですので、108円コーナーでのリサーチ結果で、

  1. 108円で揃えて利益が出る → 値付けは「108円×巻数+利益」
  2. 108円で揃えても利益が出ない → 仕入れない

という2つのパターンに分かれるのです。

 

ということは、1冊の価格を108円より安く集めることさえ出来れば、

1のパターン

  • ライバルよりも利益が増える
  • 価格の融通が利くため値下げ合戦で有利

 

2のパターン

  • 業者以外の出品者が少ないブルーオーシャン

 

こういったメリットを自分が手に入れる事が出来ます。

 

それぞれの店舗ごとの狙いかたをご説明します。

 

ブックオフ


 

左の写真のように50%OFFシールが貼ってある商品は、1冊辺りの単価が108円未満のものが多いので、必ずチェックして下さい。

 

右の写真のように、割引シールが貼ってない場合でも1冊辺りの単価が50円と安いものもあります。

値付けの甘い店舗では、このケースが多いのでこちらも注目してください。

 

古本市場


古本市場の場合は、この赤い値札シールに注目してください。

こちらも最初から1冊あたり50円になっている商品が多く見つかります。

 

黄緑色の値札シールは全体的に割高の傾向があります。

当たりが少ないため、わざわざリサーチをする必要はありません。

 

ブックマーケット

 

ブックマーケットでも他店と同様に、割引シールが貼られている商品を中心に見ていきます。

 

ですが、ブックオフや古本市場と違い、初めから格安値付けの商品も混ざっています。

表示価格と巻数を確認しながら全てチェックするようにして下さい。

 

お宝系ショップ

お宝系ショップではブックマーケットと同様、格安の商品が混ざっています。

こちらも同様に、巻数と表示価格に着目しながら1つずつチェックして下さい。

 

画像のような「セットコミックまとめ売り割引」があるお店では、かなり安く仕入れることができます。

見逃さないようにして下さい。

 

ここまで店舗ごとの狙いかたをお伝えしてきましたが、

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • 駿河屋.JP

等の電脳仕入れでも、この考え方は非常に有効です。

 

リサーチ時間を短縮し、より多くの商品をチェックするためにも、今回の考えかたを採り入れてみて下さい。

 

セット販売商品のリサーチ方法まとめ

セット本せどり参入における障壁の1つ「集めることへの不安」。

今回の記事を読んで頂き、解消していただけたでしょうか?

 

高利益で回転も早いセット本を取り入れるのと避けるのでは、手数料改定後の稼ぎに大きな違いが出るはずです。

 

最初はブックオフへ行った際で構いませんので、セット売りコーナーをリサーチし、少しずつセット本を取り入れてみて下さい。

 

今回は集めなくていいセット本仕入れについてお伝えしましたが、セット本せどりのノウハウは、他にもまだまだあります。

 

ブログやメルマガ、無料レポートでも発信していきますので、末永くお付き合い頂けたら幸いです。

 

分からないこと、聞きたいことがありましたら、お気軽にメールを下さい。

 

これからも、どうぞよろしくお願いします。
 

 

よろしければ応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓